ワシントン・タイムズ・ジャパン

左翼の間で反ユダヤ増加

マーク・ティーセン

発言に責任持たぬ政治家 凄惨な銃撃事件も

アメリカ保守論壇 M・ティーセン

 米国務省は最近、反ユダヤ主義の定義を改め、「現代イスラエル政治をナチスのそれと比較すること」も含めることとした。「不買、資本引き揚げ、制裁(BDS)」運動が強まり、BDS支持者らがよく、同様の比較を行っていることを受けた措置のようだ。正しい対応だ。

 ほんの数日前、アウシュビッツ収容所の旧親衛隊本部で、アウシュビッツ・ビルケナウ博物館のピオトル・シウィンスキ館長に会った。

 無数の命が失われたガス室と遺体焼却炉を見渡す窓の側で話をする中でシウィンスキ氏は、イスラエル嫌いとユダヤ嫌いの間に違いはないと訴えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。