«
»

日韓関係悪化は中露の利益に

残念な文在寅政権の対応 元米国務省日本部長 ケビン・メア氏(上)

元米国務省日本部長 ケビン・メア氏(下)

韓国は日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を示唆している。

 米軍はこの問題についてかなり不満を抱えている。韓国が理解すべきことは、米軍は日本の協力がないと韓国を防衛することが全くできないということだ。GSOMIAの問題に限らず、朝鮮半島で有事があれば、在日米軍だけでなく日本の民間施設も使う必要があり、物資や医療の面、燃料の運搬などさまざまな形で協力することになる。

 例えば、福岡から釜山まで物資や人を運ぶ時に、米軍の計画では海上自衛隊が米軍の輸送船を護衛するという考えもある。その時に釜山の港に海上自衛隊の船を入れるため、事前に日本と韓国で調節する必要がある。そういった協議ができないことは、韓国にとって良くない。

昨年12月には自衛隊機へのレーダー照射事件も起きた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。