«
»

ファーウェイは「国家権力の道具」

ビル・ガーツ

ルビオ米上院議員 制裁の恒久化に自信

 共和党のマルコ・ルビオ上院議員は記者(ビル・ガーツ)とのインタビューで、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)は「国家権力行使の道具」であり、米国の安全保障にとって脅威だと改めて主張、米政権が課している取引の制限を法制化することに自信を示した。

 トランプ大統領は5月、国家安全保障上、リスクのある企業の通信機器を米企業が使用することを禁止する大統領令に署名。商務省はファーウェイを「エンティティーリスト(米政府の許可なく米国製部品を受け取ることが禁止される事業体の一覧)」に記載することで、米企業の取引を厳しく制限した。これにより、ファーウェイへの輸出は事実上できなくなった。

 ところがトランプ氏はこのところ、中国政府、米ハイテク企業双方から圧力を受け、ファーウェイへの制裁を緩和する意向を示している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。