«
»

日本政界・沖縄に浸透図る中国 米シンクタンクリポート

グローバル台湾研究センター

琉球王朝子孫を招待 「歴史的つながり探る」会議

 中国は日本に対して考え方や信念、行動に影響を与える「政治戦」を仕掛け、さまざまな手段を通じて政界や沖縄への浸透を試みている――。米ワシントンのシンクタンク「グローバル台湾研究センター」のラッセル・シャオ主任はこのほど、中国のこうした対日工作の実態についてのリポートを発表した。(ワシントン・山崎洋介)

 米国防総省の1月の報告書によると、中国は米国や台湾のほか、日本にも政治工作を実施している。しかし、中国への警戒感の高まりから近年、米国や台湾における中国の工作活動については政府機関やシンクタンクなどで実態解明が進められているが、日本については不明な部分が多い。今回のリポートについてシャオ氏は「予備的調査」としているが、日本における中国の影響工作について焦点を当てている点で意義深いものだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。