«
»

日米安保の不公平是正を トランプ大統領

条約破棄は「全く考えず」

 トランプ米大統領は29日午後、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)閉幕後に大阪市内で行った記者会見で、日米安全保障条約について「不公平だ」と改めて強い不満を示す一方、条約を廃棄することは「全く考えていない」と明言した。

 トランプ氏は会見で、「日米安保条約の破棄を考えているか」との質問に対し、「ノー」と即答。「不公平な条約だと言っているだけだ。日本が攻撃を受けたら、米国は全力で戦う。だが、米国が攻撃を受けても、日本は戦う必要がない」と語った。

 その上で、「米国が日本を助けるのなら、日本も米国を助ける必要がある」と述べ、日米同盟の「片務性」を是正すべきだと主張。この考えは安倍晋三首相に伝えたことを明らかにした。

 このやりとりがいつ行われたかは不明だが、トランプ氏は「過去6カ月の間、このことを彼に話してきた」と語った。28日に日米首脳会談が行われたが、日本政府はこの問題は議題に上らなかったと説明している。

 トランプ氏は来日直前にも、FOXビジネスのインタビューで、日米安保条約は不平等だという主張を展開。米ブルームバーグ通信は、トランプ氏が側近との私的会話で条約の廃棄にまで言及したと報じ、大きな波紋を広げていた。

(G20大阪サミット取材班)

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。