«
»

新START延長交渉、中露の核増強に懸念

ビル・ガーツ氏

 中国の核戦力増強への懸念が高まり、ロシアによる新戦略兵器削減条約(新START)違反の可能性が指摘される中、トランプ政権はこの条約を延長するかどうかの検討を進めている。

 トンプソン米国務次官(軍備管理・国際安全保障担当)は今月中旬、上院外交委員会の公聴会で「何も決まっていない。議会と協議しながら、今後の対応を決めていく」と述べた。条約は21年初めに失効する。

 トンプソン氏は、「ロシアは攻撃的な新型戦略兵器を開発し、非戦略核兵器を増強、中国は核戦力の近代化と増強を進めている」と、中露が核武装を強化していることを強調。「中国は2大核保有国への制限の恩恵を受け、自由に開発を進められる。核近代化計画の規模について透明性が欠けていることもあり、中国の核に対して疑念が生じている」と中国に対する不信感をあらわにした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。