«
»

募るマルクス主義者の残虐性

 今、ニコラス・マドゥロ大統領がベネズエラ国民に提供するはずの唯一のものは、さらなる残虐性である。彼の国は、すぐ隣のコロンビアやブラジルからの配給を待っている多量の食料(そして医薬品)を持っていながら、ゆっくり死に向かっているのだ。食料品は、米国や、何十というその他の国からのギフトとしてそこに集まっている。

 マドゥロ大統領と、全員、栄養の行き届いた彼の忠実な軍隊は、食料の配給を阻んでいる。多分、ベネズエラ国民の彼への愛情が足りず、ボリバル主義者としてのプライドから、罰せられるべきだと考えているのだろう。「この人道援助のショーで」「彼らは、『ベネズエラ国民は世界に物乞いに行かなければならない』というメッセージを送ろうとしているのだ。だが、ベネズエラ国民は、世界の誰からも物乞いをするつもりはない」と、肥満腹を抱えた大統領は言っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。