«
»

中国に「宣戦布告」した米

澁谷司氏

拓殖大学海外事情研究所教授 澁谷司氏

米中新冷戦は、どの程度続くことになるのか。

 短期で終わると思う。昨年10月4日のペンス米副大統領の演説は「現在版ハル・ノート」だった。米国とすれば、世界の覇権は中国に渡さないという「対中宣戦布告」の意思表示だった。

最終目標は政権崩壊か。

 そう思う。実弾は伴わないが、経済の水を抜く。もともと経済は悪いが、さらにダメージを与えて今の政権を潰(つぶ)そうとしている。

 独裁国家の場合、経済が崩壊すると政治崩壊を伴ってくる。とりわけ中国の場合、共産主義を棚上げし、経済的繁栄を共産党政権の求心力に据えており、経済的ダメージは政治的ダメージに直結する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。