■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • トランプのこれからの2年

     2年過ぎて、これから2年が始まる。好きであろうと、憎かろうと、ドナルド・トランプは、彼の支持者はいてほしいと思い、彼の反対者はいてもらっては困ると思う自然児だ。2020年の大統領選挙までに彼がやり方を変えるだろうと思う根拠は見つからない。この連続ドラマがなかったとしても、有権者が、しっかりした結果を手に入れることができれば、ドナルド・トランプは2期目をものにするであろう。

     9月の国連総会で、大統領が演説をした時、彼は集まった指導者らに「これからの2年弱以内に、わが政権は、わが国の歴史上の、ほかのほとんどすべての政権よりも多くの事を成し遂げているであろう」と語った。大部分がその歴史について無知なくせに聴衆は、大統領の自慢話にクスクス笑ったが、彼の記録破りという話は冗談ではない。

     過去2年間に、米国経済は、昔の姿に戻る見込みのない製造業の50万人近くを含む460万人の新しい雇用を生んだ。失業率は3.7%と、最低になっていたが、今は、3.9%になっている。アフリカ系アメリカ人、ヒスパニック、そして、アジア系アメリカ人の失業率は、記録が取られて以来、最低で、女性は、65年間で最低である。トランプ政権下の国内総生産(GDP)の成長率は、2018年の第3四半紀までは平均2.8%になった。

     彼の前任者らは、雇用を1550万人分増やし、大恐慌で失われた職場を新たに510万人雇用して埋めるのに、8年かかった。バラク・オバマの1年目には失業率は9.9%に上昇し、それから徐々に4.7%に下がっていった。オバマ時代のGDP成長率は予期せぬ平均2.1%になった。

     2017年にトランプ氏が署名して法律として成立させた連邦税制改正法案が、今年の春、納税申告書に記入しようとしている大部分の米国人ための税金を減額するであろうと予想されているが、にもかかわらず、財務省は、2018会計年度中の個人の所得税は空前のものになると報告している。連邦のすべての歳入の源は、まとめると前年の0.5%増になるとしている。減税は経済を活気づけ、税収の増加をもたらすという主張の正しさが立証されたわけだ。

     しかしながら、何百万人もの米国人はトランプ氏のしっかりした業績を称賛する代わりに、ここぞとばかりに、時計を過去に戻して、ヒラリー・クリントンを呼び戻した。彼らにとって「今は、たがが外れている」とシェークスピアが言ったように、そして、そのごとく、問題の核心が行方知れずになってしまった。米国のイラン核合意や、パリ気候変動協定への参加といったリベラル派の業績が、ヒラリーが支持したような国境なきユートピアを夢見る願望とともに、返り咲きだしたのであった。

     ドナルドに対する飽くなき反対は、彼の大統領職が終わり、彼のレガシーが抹消され、「米国を再び偉大に」と書かれたあの赤い帽子がすべて、たたかれて、ぐじゃぐじゃにされた時初めて、鎮まるのである。その時、初めて「ネバー・トランプ」の歓声が上がるのである。

     党は、ホワイトハウスに対して道徳的権利を有しているというのが、民主党の宗教条項である。ナンシー・ペロシを再び下院議長に迎えて、下院は抵抗のグラウンド・ゼロ(爆心地)になっている。大統領の弾劾をせき立てる声はこれまでは、党の指導者らによって軽視されてきているが、これは、民主党の消えない歯痛である。

     左寄りの「アトランティック」誌は先週、表紙に、大きく、赤い、ゴシック体で「弾劾」と、「連邦議会は、大統領は職務遂行に適任であるかを判断する時期に来ている」と小見出しを付けて出版した。同誌は、大統領は「米国の理念を軽視している」と非難している。

     連邦議会の一部の民主党員はメディアの弾劾運動に加わりたいと思っている。カリフォルニア州のブラッド・シャーマン下院議員やテキサス州のアル・グリーン議員は、第116回連邦議会が仕事を始めてすぐ、大統領弾劾条項の必要書類を提出した。必要要件として「高度の数々の犯罪と軽犯罪」を唱えて、司法妨害としたのだが、そういったことは、私たちがこれまで知る限りでは、ロバート・モラーは何も見つけていないのだ。

     1期目の半分を終えて、大統領は何ら疲れたような兆候は示していない。彼の反対者も同じくである。無論、何も分かっていないのだが、活気ある、騒がしい年になるのは確かだ。

    (1月22日付)

    ◆ ◇ ◆

    Trump at two years on

    Two years down and two to go. Like him or loathe him, Donald Trump is the force of nature his supporters hoped he would be and his detractors feared he would be. There’s no reason to think he will change his ways of getting things done leading up to the 2020 presidential election. If the voters could get his solid results without the nonstop drama, Donald Trump would be a shoo-in for a second term.

    When the president addressed the United Nations General Assembly in September, he told assembled leaders that “In less than two years, my administration has accomplished more than almost any administration in the history of our country.” The audience, mostly ignorant of any of that history, giggled at the president’s boast, but his record is no joke.

    Over the past 24 months, the U.S. economy added 4.6 million new jobs, including nearly a half-million in never-coming-back manufacturing. The unemployment rate bottomed out at 3.7 percent and now stands at 3.9 percent. Unemployment rates for African Americans, Hispanics and Asian Americans have been the lowest ever recorded and the lowest in 65 years for women. The Trump gross domestic product averaged 2.8 percent through the third quarter of 2018.

    His predecessor required eight years to add 15.5 million jobs, and 5.1 million of those replaced the jobs lost to the Great Recession. The unemployment rate climbed to 9.9 percent during Barack Obama’s first year, then fell gradually to 4.7 percent. The GDP in the Obama years averaged an unexceptional 2.1 percent.

    Although the federal tax code overhaul Mr. Trump signed into law in 2017 is expected to reduce the tax bills for most Americans filing their returns this spring, the Treasury Department reports that it nevertheless collected record individual income taxes of $1.7 trillion during fiscal 2018. All sources of federal revenue showed a combined increase of a half-percent over the previous year, validating the claim that tax cuts goose the economy and bring in higher tax revenue.

    However, millions of Americans would swap Mr. Trump’s solid performance for an opportunity to turn back the clock and bring back Hillary Clinton. For them, as Shakespeare put it, “time is out of joint,” and what was meant to be, was lost. Liberal achievements, such as America’s participation in the Iran nuclear deal and the Paris Climate Agreement, were rolled back, along with utopian wishes for a borderless Western Hemisphere, which Hillary endorsed.

    The relentless opposition to the Donald can only be assuaged when his presidency is terminated, his legacy expunged and all those red hats reading, “Make America Great Again” are knocked into a cocked hat. Only then can the “Never Trump” celebration begin.

    It’s an article of Democratic faith that their party has the moral right to the White House, and with Nancy Pelosi once more as Speaker of the House, the House of Representatives is ground zero of the resistance. The urge to impeach the president, downplayed by party leaders until now, is the Democratic toothache that won’t go away.

    The left-leaning Atlantic magazine last week printed “IMPEACH” in large, red, block letters on its cover with a subhead reading: “It’s time for Congress to judge the president’s fitness to serve.” The magazine accuses the president of “undermining American ideals.”

    Certain Democrats in Congress want to join the media impeachment campaign. Reps. Brad Sherman of California and Al Green of Texas filed articles of impeachment against the president as soon as the 116th Congress was open for business, citing as the requisite “high crimes and misdemeanors” an obstruction of justice that so far as we know Robert Mueller has not yet found.

    At his midterm, the president shows no signs of battle fatigue. Nor do his Democratic detractors. Everything remains to be seen, of course, except the prospect of a lively and rambunctious year ahead.

    January 22, 2019

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。