«
»

米海軍潜水艦の保守点検に遅れ、稼働できず

ビル・ガーツ

 米議会付属の政府監査院(GAO)の調査によって、海軍は、潜水艦の保守点検の大部分を予定通りに実施することができず、運用に遅れが生じたり、予算超過になったりしていることが明らかになった。11月に公表された報告によると「GAOが海軍の保守点検資料を分析した結果、2008年度から18年度の間、攻撃型潜水艦の遊休時間、造船所の出入りの遅れによる保守点検の遅れは1万363時間」に上った。

 一例を挙げると、原子力潜水艦ボイシは、13年に保守点検を行う予定だったが、造船所側の作業の遅れによって予定通りに開始できなかった。16年になっても通常の運用ができず、2年以上にわたって、造船所に入ることができないまま、埠頭で待機していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。