■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 長谷山 崇彦
    長谷山 崇彦
    農学博士
    乾 一宇
    乾 一宇
    元防衛研究所研究室長
    加瀬 みき
    加瀬 みき
    米政策研究所
    茅原 郁生
    茅原 郁生
    中国安全保障
    濱口 和久
    濱口 和久
    防衛レーダー
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    小松 正之
    小松 正之
    東京財団上席研究員
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    新田 容子
    新田 容子
    サイバー安全保障
    岡田 真理
    岡田 真理
    フリーライター
    杉山 蕃
    杉山 蕃
    元統幕議長
    竹田 五郎
    竹田 五郎
    元統幕議長
    田村 重信
    田村 重信
    元自民党政務調査会審議役
    上岡 龍次
    上岡 龍次
    戦争学研究家
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長

    二つの凶悪事件と移民キャラバン問題の陰にいるのは誰か?

     中間選挙も近い10月下旬、トランプ大統領に批判的な一連の人々に、パイプ爆弾が送りつけられ、その犯人が逮捕された直後にピッツバーグのユダヤ教の教会堂で、11人が死亡する銃撃事件が起こった。それ以上に米国のメディアは、中米から米国に向かう約7000名もの移民キャラバンの問題を取り上げている。

     以上の諸件には繋がりがある。実は今、米国で移民キャラバンに財政支援を行い、裏で操っているのは、ジョージ・ソロス氏であるという噂が流れているのである。

     例えばNewsweekが10月28日に配信した“ERIC TRUMP SAYS PITTSBURGH SYNAGOGUE SHOOTING SUSPECT ‘DOESN’T REPRESENT THE RIGHT’”という記事でも、この説が紹介されていて、それを信じたために銃撃事件の犯人は犯行に及んだのではないかと彼のSNSへの投稿等から推測している。

     但し同記事によれば犯人はトランプ支持者ではなく、むしろトランプ大統領も米国を破壊するグローバリストの一員であり、真の愛国者ではないとも投稿している。またNYTが10月27日に配信した“Cesar Sayoc, Mail Bombing Suspect, Found an Identity in Political Rage and Resentment”という記事では、パイプ爆弾事件の犯人もヒトラーを崇拝し、そのためもあってかユダヤ人のソロスにもパイプ爆弾を送りつけているが、この犯人は複数回の窃盗等の前科と、人種差別、同性愛者差別による脅迫事件を起こしており、2002年には母親が彼を精神病院に入院させようとしたが拒否し、それからは化粧品会社経営で成功している母を恨み、ホームレス的生活をしていた。同じ2002年には政治に全く興味がなかったが、2016年に突然トランプ大統領を応援し始めたという。

     このように犯人達自身に非常な問題があるのであって、保守系New York Postも中立系The Hillも“この事件が中間選挙の結果に影響しないだろうし、してはならない”と主張しているが、それが正論だと思う。

     にも関わらずリベラル系ワシントン・ポストが10月27日に配信した“Critics say Trump has fostered the toxic environment for the political violence he denounces” という記事では、トランプ大統領が移民キャラバンを操っているのはジョージ・ソロスであるという噂が広まることに加担したため、あれらの事件が起こったと批判している。しかし同じワシントン・ポストが、やはり10月27日に配信した“In the closing days of the election, Trump turns to his favorite weapon”という記事によれば、この度の中間選挙で米国の有権者が重視する政策の中で移民問題は経済や医療保険に次ぐくらいに重要で、国境警備に関して頼りになるものとしては、トランプ大統領が民主党を8%上回っている。

     そのためかNYTが10月23日に配信した“The Migrant Caravan and the Midterms”という記事では、この移民キャラバンを操っているのは、共和党の方ではないか?―という“陰謀説”が主張されている。

     しかしUSA TODAYが10月26日に配信した“Caravan focus could backfire and cost Republicans in the midterms”という記事では、この移民キャラバンがグアテマラからメキシコに入ろうとした時、米国の圧力を受けたメキシコ政府の警官隊等による催涙ガス等を使った鎮圧の様子は非常に残酷に見えたという。同じことが米墨国境で起これば、トランプ政権に不利になるだろうと同記事は警告している。こんな危険な賭けを共和党側がするだろうか?

     FOXが10月26日に配信した“Progressives are using migrant caravan for twisted political game before midterm elections”という記事の中では、そのような事態を起こさせたり、トランプ大統領が移民キャラバンを入国させなければ米国の精神を否定したとして批判することで、リベラル派が中間選挙を有利に闘うために移民キャラバン問題は利用されていると主張している。そして国境を乗り越えた(不法な)入国は許されることではなく、国家は第一に国民のためにあり、外国人のためにあるのではないとも主張している。

     正に正論である。

     更に同記事ではリベラル派は、大都市でエリートとして暮らしている人が多いので、移民キャラバンに対し同情的な論調を叫ぶのであり、もし(不法)移民に自らの身の安全を脅かされる状況になれば全く違うことを言うだろうと喝破している。これは米国の政治的、地域的分裂を指摘したとも言える。ユダヤ教の寺院での銃撃事件も、あるいはパイプ爆弾事件も、アメリカの宗教的な分裂の表れと言う人は多い。そう言う人ほど、その分裂を招いたのは、トランプ大統領であるように声高に主張する。

     WSJが10月29日に配信した“The Oldest Hatred”という社説の中でも、「この機に乗じて政治的左派が早速、乱射事件の責任をトランプ氏に転嫁し始めている。ワシントン・ポストはこのテーマに関する複数の記事を掲載した。トランプ氏の娘がユダヤ教に改宗し、娘夫婦が子供たちをユダヤ教徒として育てているにもかかわらずだ。」と述べている。そして「米国でイスラエルやユダヤ人を最も熱心に支援しているのは、福音派キリスト教徒」だと主張している。 (WSJ日本語版より引用)      

     これは事実といって良いだろう。そして福音派こそはトランプ大統領の非常に強い支持基盤であることも言うまでもない。

     そしてDaily Beastが10月27日に配信した“Pittsburgh Synagogue Shooting Is a Moment of Reckoning for American Jews”という記事では、トランプ大統領に対するユダヤ系アメリカ人の支持率は20%程度だが、これはユダヤ系アメリカ人の中の宗教的民族派の人々であると述べられている。トランプ氏の娘婿の少なくとも父親は宗教的民族派のユダヤ系アメリカ人であり、イスラエルのネタニヤフ首相の盟友である。

     どうやら今の米国は不法移民等を使って米国を混乱させ、自らの思い通りの無国籍で国際的ビジネスのやり易い国にしようとするジョージ・ソロス的な、グローバリストでリベラル派のユダヤ系を中心とする人々と、自らの宗教に熱心な民族派ユダヤや福音派の白人(ないし黒人、ヒスパニック)との間で分断され“見えない内戦”状態にあるようだ。

     後者中心で米国を再統合し、前者がもたらした混乱を収束すること。それがトランプ大統領の歴史的な使命だろう。この度の出来事の影響を乗り越え中間選挙に勝利して欲しいものである。


    「GII REPORT」より転載
    https://ameblo.jp/gii-report

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。