«
»

揺らぐ大学の価値、学生に「反米」を植え付け

800

 「娘とは政治の話ができないのよ。口論になってしまうから」。ワシントン郊外に住む主婦のMさんは嘆いた。日本出身で米国籍を取得しているMさんは、米国人の夫とともに共和党支持者。一人っ子の娘は保守的な家庭環境で育ったが、ニューヨークにある名門大学のロースクールに進学してからリベラルな価値観に染まり、Mさん夫婦がトランプ大統領を支持していることに強く反発している。

 弁護士になった娘は大手法律事務所で働き、経済的には裕福だ。だが、親と同居していた時は通っていた教会にも行かなくなり、「大学に行かせて良かったのか分からない」とMさん。周りにも同じように大学で子供の価値観が変わったことに思い悩む家庭が少なくないという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。