«
»

歪んだ「ジン史観」、邪悪な国と一貫して描写

民衆のアメリカ史

 米国民の歴史観に大きな影響を与えた故ハワード・ジン・ボストン大学名誉教授の著書『民衆のアメリカ史』。「共産党宣言」の冒頭で「今日までのあらゆる社会の歴史は階級闘争の歴史である」と論じたマルクスの教えに忠実に従うかのように、ジン氏は米国の歴史を一貫して支配階級と被支配階級の対立として描いている。

 『民衆のアメリカ史』は、コロンブスの新大陸発見から始まるが、コロンブスを英雄的な冒険に駆り立てたのは金を手に入れるという強欲であり、「500年前に、アメリカ大陸のインディアン居住地へのヨーロッパ人の侵入の歴史が始まった。その歴史の始まりは征服であり、奴隷制であり、死である」と主張。先住民が白人から残虐な扱いを受ける流血の歴史は、コロンブスによって切り開かれたと断じている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。