■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 長谷山 崇彦
    長谷山 崇彦
    農学博士
    乾 一宇
    乾 一宇
    元防衛研究所研究室長
    加瀬 みき
    加瀬 みき
    米政策研究所
    茅原 郁生
    茅原 郁生
    中国安全保障
    濱口 和久
    濱口 和久
    防衛レーダー
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    小松 正之
    小松 正之
    東京財団上席研究員
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    新田 容子
    新田 容子
    サイバー安全保障
    岡田 真理
    岡田 真理
    フリーライター
    杉山 蕃
    杉山 蕃
    元統幕議長
    竹田 五郎
    竹田 五郎
    元統幕議長
    田村 重信
    田村 重信
    元自民党政務調査会審議役
    上岡 龍次
    上岡 龍次
    戦争学研究家
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長

    バノン派の逆襲は、あるか?ー中間選挙、カトリック改革、アフガン民間軍事会社派遣

    バノン派の逆襲が始まった。

     The Hillが9月13日に配信した“Bannon says right must support ‘RINOs’”によれば、バノン氏と共和党主流派との関係は改善しつつあるようだ。彼は共和党主流派系の中道穏健派候補で選挙区の関係者からも“名ばかり共和党員”と揶揄されるような候補者のためでも、いまは必死に選挙応援を行っている。それは下院で共和党が過半数を割ることで、トランプ大統領が弾劾され、トランプ氏の改革政治が中断しないようにするためだという。彼は、そのために“Citizens of the American Republic”という団体を立ち上げ、その有力関係者25人が既に、“臨戦態勢”に入っているという。

     バノン氏はトランプ大統領本人とはもう接触していないと言い張っている。しかし、少なくともトランプ氏周辺の人々とは接触している可能性は高い。そして彼に未だ反感を持つ人々は、彼の今の活動はトランプ大統領周辺への復帰が目的ではないかと考えている。だが、彼は今だに「自分は共和党主流派は嫌いだ!」と公言している。

     しかし、彼が穏健派の候補者の選挙応援にまで積極的になっていることで、共和党主流派も彼との関係は良い方向で見直しつつあるようだ。それはバノン氏が予測した“共和党50議席敗退”が現実味を帯びて来たこと。また例のウッドワード本(『恐怖』)の中で、ティラーソン、コーン、マティスといった人々が、政権内部でトランプ氏の政治を妨害していたような記述があることも、バノン氏の“忠臣”としての印象を回復させたようだ。

     これは私見だが『炎と怒り』という本の中での発言を巡って、バノン氏が一旦は全てをトランプ氏と周辺から取り上げられたこと自体が、このような流れを作るための大芝居だった可能性さえあるように思う。それ以前にバノン氏の応援で共和党の予備選挙に勝ったトランプ氏とイメージの近い候補者が補欠選挙本番で敗北する現象が相次いではいた。中には共和党主流派の選挙妨害で落選したとも理解できる状況の場合もあった。補欠選挙や中間選挙等では穏健派で共和党主流派に近い候補者の方が当選しやすいらしい。そう悟ったトランプ氏が、バノン氏を地下に潜らせたのではないか?

     実際、バノン氏はトランプ氏の業績を讃え反対派の偽善を暴く映画を製作したが、その費用約200万ドルは“1対の大きいdonors”から出たと彼は主張している。その映画を彼は11月6日の中間選挙投票日までに重要選挙区で上映会を連続開催する予定である。

     彼によれば2016年の大統領選挙はヒラリー陣営の敵失に付け込んだので勝てた。今その戦略がない。それを何とかしたいというのが彼の考えのようだ。

     これはシーザーと一旦は距離を置いたが、シーザー暗殺後に素晴らしい演説でシーザーの精神を蘇らせたアントニウスを思い起こさせる。勿論トランプ氏は未だ死んではいない。今は苦しいところかも知れないがバノン氏の活躍次第では今まで以上の力を持つ可能性は幾らでもあると思う。

     ところでバノン氏はThe Hill前傾記事によれば、彼の作成した映画の上映会を一部地域では教会堂でも行う計画らしい。そしてロイターが9月14日に配信した“Steve Bannon drafting curriculum for right-wing Catholic institute in Italy”という記事によれば、バノンはローマから程近い修道院に8年前に設立された極右系のカトリック研修所“Dignitatis Humanae Institute”にも4年前から深く関わっており、最近は指導者育成カリキュラムの作成も行い、また米国と欧州の両方での資金集めにも熱心であるという。

     これは彼が米国の中間選挙が終わったら自分の時間の殆どを2019年の欧州議会選挙で移民排斥政党が躍進するために使う予定というのと無関係では有り得ないだろう。この“Dignitatis Humanae Institute”には、イタリアの有力な保守政治家 Buttiglione 氏が設立に深く関係し、保守派の有力枢機卿バーク氏が理事長を務める。Buttiglione 氏は欧州議会の反対で“European Commissioner for justice and security”になれなかったことがある。またバーク氏は2014年に今のローマ教皇の手によってバチカン最高裁判所長官やマルタ騎士修道団後援者といった相対的に影響力の少ない地位に“左遷”されている。

     バノン氏を含む3人の思想には少しづつ違いもあるようだ。しかし、3人が、同性愛結婚反対、妊娠中絶反対といった宗教の根幹の部分を大事にしようと考えていることに変わりはない。バノンが作成中の指導者育成カリキュラムでも、それは大きな地位を占めている。

     このような根本的に大事な考え方をカトリック内部から崩そうとし、そしてヒスパニック系(カトリック系)不法移民を支援することでプロテスタント国家アメリカを乗っ取ろうとしているのが、今のローマ教皇である。

     そのため Daily Beast が9月7日に配信した“The Plot to Bring Down Pope Francis”という記事によれば、バノンは今の教皇を退位に追い込もうとしており、ペンシルベニアのカトリック教会で70年以上に渡って児童虐待が行われて来た事件等をリークしたのも彼周辺ではないかと言われている。

     何となくアンドレ・ジッドの『法王庁の抜穴』を想起させる話である。ただ同小説との違いは、詐欺師的な存在が法王の方だということだ。今の教皇は前述のように宗教者失格なのだから当然である。

     ただロイター前掲記事によれば、バノン氏を含む人々は、カトリックにピューリタン的な、親ユダヤ、親イスラエル的な考えを持ち込もうとしているらしい。国際ユダヤ思想こそは人間を破壊するグローバリズムやリベラル思想の根源である。それと闘って来たのは、カトリックだった。

     だが今の法皇自体がグローバリズムやリベラル思想に汚染された人物である。退位させることが出来なくとも“Dignitatis Humanae Institute”の活動等で弱体化させるべき存在なことは確かだろう。

     また遠くない将来、今は人口的に国際ユダヤの方が多数派だが、イスラエルに居住する民族派ユダヤ人の方が人口的多数派になる。そうなれば世界のユダヤ系社会の在り方も大きく変わることも期待できる。

     何れにしても中短期的には、イスラエルはロシア、アメリカそして日本の要になってくれる可能性の高い国であり、またハイテク産業やハイテク兵器の関係で密接に協力した方が良い国である。バノン達の方針が日本にとってマイナスということはないと思う。

     日本がイスラエルと接近し過ぎることはアラブ諸国を敵に回すのではないかという不安を感じる人もいるかもしれない。しかし、米国のエルサレムへの大使館移転や米国内のパレスチナ代表事務所閉鎖等があっても、アラブ諸国は強く反発せず、むしろイランや国際テロ集団の脅威から自国を守るために、米国(と結び付きの強いイスラエル)とは事を構えようとしないではないか!それほどイランや国際テロ集団の脅威は大きいのである。

     その国際テロの発祥地は、アフガンである。Daily Beastが9月14日に配信した“Inside Erik Prince’s Push to Rule the Skies”という記事によれば、デヴォス教育長官の兄弟で民間軍事会社ブラック・ウオーター(イラクでの不祥事後は、社名変更をし、今は正式にはフロンティア・サービス・グループ)の社長であるプリンス氏は、ブラック・ウオーターに空軍部門を作ろうと過去数年間に渡って努力を続けて来たが、その度に米国その他の国の法律上の問題で頓挫して来た。だが彼は、いよいよ諸事情を整理し、本格的に空軍部門を創設する方針らしい。

     これも何度も書いたが、バノン氏はプリンス氏を今年の中間選挙で、ウイスコンシン州選出の上院議員にしようと画策していたこともある。それを考えると広い意味での“バノン派”の人物と言えるように思う。

     そのプリンス氏は The Hill が8月14日配信の“Faced with opposition, Erik Prince shops his plan for Afghanistan”という記事の中でも触れられてているが、2017年にマクマスターNSC担当大統領補佐官やマティス国防長官といった軍出身の閣僚達の反対で実現できなかった、アフガンに正規軍ではなく彼の会社を増派する案を、マクマスターが失脚しボルトンが代わりに就任したことから、トランプ政権に再び提案したという。

     それを実現するために、どうしても空軍部門を創設したいらしい。ゲリラ勢力を空中から攻撃することが効果的だからである。

     Daily Beast 前掲記事によれば、アフガンの米国正規軍(の一部)をブラック・ウオーターに交換することで、アメリカ政府は年間350億ドルの節約になると、プリンス氏は主張しているという。その代わり同社は年間35億ドルの予算と、もし奪回できれば今はテロ=ゲリラ集団に占拠されている有力な鉱山を要求したいという。

     1990年代にも同様の方法で国際社会が解決に失敗したシェラレオネの紛争を民間軍事会社が解決したことがある。プリンス氏の主張が間違っているとは思えない。

     ただ今のフロンティア・サービス・グループには「一帯一路」の安全確保等を理由に中国が40%も出資してしまっている。前にも書いたが左派が騒いだために名目上倒産した、トランプ大統領を選挙で当選させた選挙コンサルティング会社ケンブリッジ・アナリティカ社も、ブラック・ウオーターと同様に社名変更をして生き残り、やはり今はプリンス氏が実質的に社長なのだが、この新会社を巡っても類似した情報もある。この二つの会社に対して日本は、中国より積極的に出資して行くくらいでないと、世界の中で生き残って行けなくなってしまうのではないかと思う。郵貯のお金をODAとして途上国の安定に使う等の色々な道が考えられると思う。

     何れにしても Daily Beast, The Hill の両記事を見ても、マクマスターは居なくなったものの、やはり軍部出身のマティス国防長官の反対で、アフガンへの民間軍事会社派遣案は、なかなか実現しそうにはない。それもあってかワシントン・ポストが9月5日に配信した“The White House is discussing potential replacements for Jim Mattis”等の記事によれば、ウッドワード本の影響もあって、マティス国防長官の解任も検討されているという。

     これは余談だがウッドワード本にしてもニューヨーク・タイムス匿名コラムにしても、人事等を巡ってトランプ氏に好都合な流れを作った面もあるように思う。少なくとも後者に関してはトランプ氏の自作自演説が一部で流れているようである。

     だがワシントン・ポスト前掲記事を見ても、リベラル派も保守派も、ワシントン既成勢力から国防長官を出したいことに代わりはないように私には思える。そのような既成政治―理性主義的なマニュアルに囚われて、例えば正規軍より民間軍事会社を使うようなことに反対する政治を打破するために、トランプ氏が大統領になった筈なのだが、トランプ氏の力を以ってしても、なかなかワシントン改革は進まないようだ。

     ここから先はSF小説的かも知れないが、ブラック・ウォーターがワシントンを占領して、民主的政治を一時的にでも停止させるくらいのことが起こっても良いのではないか?それくらいしないと理性主義的な既成政治を打破して、21世紀の社会に相応しい、柔軟な政治を実現することは出来ないのではないかとさえ思う。

     ギボンの『ローマ帝国衰亡史』によれば、当時的に民主的だった西ローマ帝国は、自らが使っていた野蛮人の傭兵隊に占領されて、滅亡した。だが、その結果として、その後の欧州世界の発展があったとも言える。今は、そのような時期に来ているようにさえ思う。


    「GII REPORT」より転載
    https://ameblo.jp/gii-report

    2

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。