«
»

リベラルから立ち去ろう!10月27にワシントンD.Cで予定される大行進

 ワシントンD.Cで10月27日にWalk Away運動の大行進デモが企画されている。この大行進デモは米国民主党全国委員会本部からキャピトルヒル前まで予定されており、近年の政治運動の中でもかなり大規模のイベントになる可能性が高い。

 Walk Awayは、ニューヨークのヘアスタイリストであるブランドン・ストレイカが2018年5月に始めた運動であり、著しく偏ったリベラルなイデオロギーに傾斜した民主党から穏健な民主党員が距離を取ることを主張するものだ。ストレイカ氏自身も41年間、生涯を通じた民主党員であり、共和党からは距離がある人物である。本人がメディアで答えたインタビューによると、彼は「同性愛者の保守主義者だ」ということだ。

 彼が主導するWalk Away運動は既に37万人もの賛同者をソーシャルメディア上に抱えており、上記の大行進は数千人~数万人規模で、中間選挙の10日前に行われることになる。米国のリベラルな大手メディアがこのデモを報道するか否かは分からないが、仮にメディアで注目されることになれば大きなインパクトを与える可能性があるかもしれない。民主党が直面している問題は、中間選挙における自党支持者の投票率向上であり、この運動の拡がりは選挙結果に致命的なダメージを与える可能性があるからだ。

 米国では社会的な分断が進んでいるとされているが、それは保守陣営側だけによって引き起きている問題ではない。

 日本に住んでいるとトランプが米国社会をズタズタに分裂させる存在であり、民主党内のリベラル勢力が社会的絆を修復しようとしている勢力であるかのように錯覚することが多い。しかし、現実には社会的分断は行き過ぎたリベラル勢力によっても引き起こされている。

 トランプに対するリベラルなメディア・政治運動による罵詈雑言、そして彼らが提示する日常生活とは遊離したような政策課題に違和感を覚えている人々も少なくない。ポリコレ(ポリティカル・コレクトネス=政治的に正しい言葉づかい)文化が蔓延する米国メディアの受け売りでしかモノを考えられない我が国の言論を摂取するだけでは理解しづらいかもしれないが、たとえ民主党員であっても米国のリベラル勢力の偏向ぶりにウンザリしているのだ。

 Walk Awayに賛同する多数の民主党員たちはその分かりやすい事例と言えるだろう。米国において支配的雰囲気を醸し出すリベラル勢力を批判することは勇気がいる行為であり、まして民主党内部から声をあげる彼らの決意は並外れたものがある。筆者は政治的な孤独を打ち破った一人の人物が米国の政治を変えるきっかけを生み出すことに米国の民主主義の強さを改めて感じた。

 日本では野党のリベラル化が著しいばかりか、それに対抗するだけの中道的な政治勢力は今にも死滅しそうになっており、それに対して市民団体として異議を唱えるような動きはほとんど存在していない。しかし、従来までの既存政党のように一部の熱狂的なリベラル信者側ばかりを見ていると、中道に近い普通の有権者が米国のWalk Away運動のようにそれらの政党から距離を取り始めるのではないか。

 Me Tooを始めとしたリベラル色丸出しの政治運動ではなく、Walk Awayのような理性的な政治運動が日本にも伝播することによって、リベラル勢力から健全な中道勢力が自立して日本に健全な二大政党政治が生まれることを望むばかりだ。

8

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。