«
»

支持率をめぐり世論調査専門家を依然困らせるトランプ氏

 トランプ米大統領は24日、就任以来最高となる支持率の勢いに乗って選挙遊説に出掛けた。だが、支持率は最高ではないかもしれない。

 トランプ氏の支持率は、30%台後半から40%台中盤までの幅があり、トランプ氏の支持を正しく示す指標はどれなのか、誰にも分からない。

 ウォール・ストリート・ジャーナル紙とNBCニュースの最新世論調査で、トランプ氏は過去最高となる45%の支持率を記録したが、他の調査では支持率は下落した。キニピアック大学の調査では、トランプ氏の支持率は6月より5ポイント低い38%だった。

 トランプ氏の支持者は2016年大統領選で世論調査や専門家の予測を裏切ったことで知られ、同氏は依然、世論調査専門家にとって悪夢のような存在だ。トランプ氏は今年の議会選で共和党にとって恩恵となるのか打撃となるのかを見極めようとしている人々を再び困らせている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。