«
»

リー将軍の功績、戦後の南北和解を後押し

アーリントン・ハウス

 米国の戦没者が眠るバージニア州のアーリントン国立墓地。首都ワシントンを一望できる高台に「アーリントン・ハウス」と呼ばれる建物がある。

 ギリシャ復古調の立派なこの屋敷は、南北戦争の南軍司令官ロバート・E・リー将軍が30年間暮らした邸宅だ。今はリー将軍の記念館として国立公園局によって管理されている。

 リー将軍は、この邸宅に「世界の他のどの場所よりも強い愛情と愛着」を抱いていたが、1861年に南北戦争が始まると、北軍に占領されてしまう。周囲は溢(あふ)れ出る戦死者の埋葬地となり、国立墓地として今日に至る。

 米社会を分断する「歴史論争」で、左翼勢力の標的となっているのが、このリー将軍だ。昨年8月、同州シャーロッツビルで、リー将軍の銅像撤去をめぐり死傷者を出す衝突が発生したことも、その風潮を加速させた。

 そもそも、リー将軍は公共の場からその存在を消し去らなければならないほどの大悪人だったのか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。