«
»

宇宙戦に備え米下院小委 新組織の創設を要請

ビル・ガーツ

 米下院軍事委員会戦略軍小委員会は先月下旬、国防総省に、宇宙戦のための新たな組織を発足させ、宇宙戦に備える作戦を作成することを求める文言を2019年度米国防権限法案に盛り込んだ。

 空軍には、宇宙戦要員の数を増やし、質を向上させること、「宇宙戦作戦の実施を任務とする」新たな航空軍の創設を空軍に求めている。国防総省には、戦略軍の下に、「合同宇宙戦作戦の実施」を任務とする宇宙軍と呼ばれる統合軍を新設するよう求めた。

 法案はさらに、国防総省に宇宙戦即応計画を提出するよう求めている。計画は、宇宙での紛争を戦うための任務、どのような装備、訓練、人員が必要かを明確にするためのものだ。

 一方、トランプ大統領は1日、「宇宙軍」と呼ばれる新たな軍の創設を検討していることを明らかにした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。