«
»

米国の分断、断罪される偉人たち 「建国の父」までが標的に

クライスト教会

奴隷所有を理由に記念碑撤去

 米国でこれまで偉人として評価されてきた歴史的人物が、人種差別の象徴として断罪されている。米国で深まる「歴史」をめぐる分断を報告する。(編集委員・早川俊行、写真も)

 米バージニア州アレクサンドリア。首都ワシントンからポトマック川を挟んで西岸に位置するこの街は、赤レンガの建物が立ち並び、古都の趣が漂う。そんな街並みに溶け込むようにたたずむのが、米国聖公会の「クライスト教会」だ。

 「ようこそ。ここはジョージ・ワシントン初代大統領とロバート・E・リー将軍が通っていた教会です」

 礼拝堂で穏やかな笑顔で迎えてくれたのは、この地域でボランティアの観光ガイドをしているボブ・エバンスさんだ。

 この教会は、米国が1776年に英国から独立宣言する3年前に建てられ、ワシントンが20年以上通ったことから「ワシントンの教会」と呼ばれる。時代は異なるが、南北戦争の南軍司令官リー将軍もこの教会に通った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。