«
»

トランプ米大統領が手掛ける地下高速鉄道敷設にケチつけるNW日本版

◆「土地収用権」で注文

 トランプ米大統領が計画する、ニューヨークとシカゴ(約1200キロ)をトンネルで結び、5時間足らずで移動できる高速鉄道敷設について、ニューズウィーク日本版(2月13日号)が「『夢の超高速鉄道』は落とし穴だらけ」(タイトル)とこき下ろしている。

 計画では首都ワシントンとニューヨーク、ロサンゼルスとサンフランシスコ、シカゴのダウンタウンと空港をそれぞれ地下高速鉄道で結ぶ。「ロンドンとパリを最高時速300キロで結ぶ英仏海峡トンネルのようなものだ」と解説している。

 まず土地収用について。昨年12月、ゲーリー・コーン経済担当大統領補佐官が「(鉄道敷設のためのトンネル建設は)非常に優れた迅速な方法で、比較的費用効率がよく、何より政府の資金を全く使わずに済む」と発言した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。