«
»

【動画】アマゾン河口の港街、常夏のベレンを行く

 世界3大河川の一つ、アマゾン川の河口近くの人口150万人のベレン市は赤道付近に位置す常夏の港湾都市だ。飛行機が着陸態勢になると、眼下にブラジルの大地が迫ってくる。巨大なアマゾン川の中州に浮いているようなベレンの街だ。

 ベレンの見所は港湾地区と旧市街。特に港に面した朝市は見逃せない。市場にはアサイやカシューナッツなどブラジル北部の名産も並ぶ。
 昼の汗が吹き出す時間帯をホテルか博物館等で過ごした後は、夕涼みをかねて、港湾沿いの遊歩道か、アマゾン川を周遊する船に乗る楽しみも。また、遊歩道近くには、近くの都市を行き来する連絡船乗り場がいくつもあり、通行する人々や船を眺めるだけでも楽しい。

 遊歩道に佇みながら、大河の果てに沈む夕陽を眺めるひと時は、アマゾン川の巨大な姿とともに悠久な時の流れを感じさせてくれる。
(綾村 悟)

>> 【詳細記事】アマゾン河口の港街、常夏の南米ベレン <<

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。