«
»

米資金がテロ組織に

ビル・ガーツ

イラン支援のヒズボラなど、前政権が懐柔策で支払い

 米政府は、オバマ政権時にイランに支払われた17億㌦の一部が、イランが支援するテロ組織の手に渡っていたことを突き止めた。情報筋によると、イランはこの資金を、レバノンを拠点とするテロ組織ヒズボラ、精鋭部隊「革命防衛隊」のために国外で情報・スパイ活動を行う「クッズ部隊」に提供したという。

 この資金は、1970年代のイランとの武器取引をめぐる合意の一環としてイランに支払われたものとされ、イランが支援するイエメンの反政府組織フーシ派にも渡った。

 オバマ大統領は2015年にイランと核合意を交わした。オバマ氏にとっては主要外交実績の一つだ。トランプ大統領は選挙戦中に核合意の破棄を約束していたが、1月に、当面は維持することを表明、一方で、オバマ政権時のイランへの支払いを批判し、テロ組織への資金提供を追跡することを強調していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。