«
»

米建国時から延々続く移民論争

ジョージ・ウィル

国境警備めぐり激しい議論 不法移民一斉取り締まりも

米コラムニスト ジョージ・ウィル

 1970年、第1回合衆国議会の中の誰よりも、その時代の誰よりも賢明で優れた知性を持っていたジェームズ・マディソンが、下院で移民問題について演説した。「あらゆる手を尽くして、世界の優秀な人材がここに来て、私たちとともに定住したくなるようにすべきであることは言うまでもない」。現在の第115回議会でも恐らく、米国の初期の頃から延々と議論され続けてきたこの問題が話し合われる。マディソンはその最初だ。それ以来、ここに来るべき優秀な人材をどのような基準で選ぶべきかが話し合われてきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。