«
»

同性婚の次は一夫多妻の合法化?

800

米連邦地裁がユタ州法に違憲判決

 米連邦地方裁判所は先月13日、一夫多妻を禁止したユタ州の法律は合衆国憲法違反であるとの判決を下した。米国では同性婚を認める州が17州に拡大し、結婚は一人の男性と一人の女性のものだという伝統的な定義が揺らいでいる。保守派は、同性婚の合法化によって結婚の定義が崩れれば、いずれ一夫多妻や一妻多夫、近親婚などあらゆる形態を認めざるを得なくなると警鐘を鳴らしてきたが、その懸念は今、現実のものとなり始めている。(ワシントン・早川俊行)

 「自分が予言したことが現実のものとなるのは、時に嫌なものだ」

 社会保守派の代表格である共和党のリック・サントラム元上院議員は、地裁判決についてツイッターでこうコメントした。サントラム氏は10年前から同性婚は一夫多妻の合法化につながると警告しており、それが現実化しつつある状況を嘆いてみせた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。