«
»

メディアへの信頼低下、民主主義の危機

800

 昨年7月に米中西部オハイオ州クリーブランドで開かれた共和党全国大会は華やかに演出され、トランプ氏が正式な党の大統領候補に指名された。

 その会場となったクイッケン・ローンズ・アリーナの外では、トランプ支持者と反トランプ活動家が大勢詰め掛け激しく対立。警察も多数動員され物々しい雰囲気に包まれた。メディアはこぞってこの様子を取り上げ、「社会の分断」として何度も報じた。

 一方で、会場外にはリベラルメディアに黙殺されたもう一つの声が広がっていた。メディアへの批判だ。

 「新聞やテレビの偏向はひどすぎる。今回の大統領選でトランプ氏に対する報道は度を越していた」

 会場の外にいたトランプ支持者のボブ・ハイセンさん(65)は当時、本紙の取材にメディアの偏向を何度も訴えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。