«
»

ハイチ人は祖国復興に立ち上がれ

 「一時的」というのは、どのくらいの期間を言うのであろうか。人生に関する極めて多くの疑問の場合と同じように、その答えは、出たとこ勝負である。赤々と燃えているストーブの前に座っている人にとっては「一時的」に座っているとは、極めて短時間のことであろう。しかし、政府の計画に「一時的」を当てはめると、とても長い時間になり得る。例えば、第2次世界大戦中に連邦の役所を入れるために、ナショナル・モールに建てられた一時的な複数のビルは、ニクソン政権が20年以上たってから実際に手を下すまで、解体されることはなかった。

 先週、トランプ政権は、7年前にハイチで地震が起きた後、何千人ものハイチ人に「一時的に」米国に避難することを許した計画に終止符を打つ決定をしたが、それを知って、私たちも、それは、正しいし、恐らく、遅きに失しているとさえ感じたことだった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。