ワシントン・タイムズ・ジャパン

ロシア、シリアへの攻撃を黙認 イスラエル軍は攻撃続行

10月22日、ロシア南部ソチで、握手するイスラエルのベネット首相(左)とロシアのプーチン大統領(AFP時事)

露イスラエル首脳が会談 強い絆の継続を確認

 シリアのメディアによると、シリアの首都ダマスカス近郊の複数箇所で10月30日、レバノンのイスラム教シーア派武装組織ヒズボラなど親イラン武装組織の武器輸送部隊や武器庫を標的としたイスラエル軍によるとみられるミサイル攻撃があった。一方のイスラエル軍は、外国メディアの報道についてはノーコメントとしている。シリア内戦に軍事介入するロシア軍の動きは見られていない。(エルサレム・森田貴裕)

 英国に拠点を置く「シリア人権監視団(SOHR)」によれば、イスラエル軍によるとみられるミサイル攻撃で、イランが支援する民兵組織の戦闘員少なくとも5人が死亡した。国営シリア・アラブ通信(SANA)は、ミサイルの一部が着弾し、シリア軍兵士2人が負傷したと報じた。ロシアはシリア領内での親イラン武装組織を標的としたイスラエル軍の攻撃を黙認している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。