ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

ロシアは再び「暗黒時代」

1月31日、ロシア・サンクトペテルブルクで、反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏を支持するデモに参加し、警官に拘束される男性(AFP時事)

デモ参加者に「裏切り者」烙印 ナワリヌイ氏支持デモは中断

 ロシアの反政権指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏の釈放を求める無許可デモがロシア全土で行われ、治安当局は参加者1万人以上を拘束した。当局の徹底した制圧によりデモは中断に追い込まれたが、中長期的にはプーチン体制を揺さぶる可能性があるとの見方が強い。 (モスクワ支局)

 昨年、毒殺未遂に遭ったナワリヌイ氏が療養先のドイツから帰国したところで、ロシアの治安当局に拘束されたのは1月17日のことだった。

 一方でナワリヌイ氏の関連団体は19日、プーチン大統領のものとされる、建設費推定1000億ルーブル(約1400億円)というロシア南部黒海沿岸の「宮殿」の暴露動画を公開し、大きな反響を呼んだ。

 このような中で1月23日にロシアの125カ都市、31日には86カ都市でナワリヌイ氏釈放を求めるデモが行われ、この2日で1万人以上が治安当局に拘束された。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。