ワシントン・タイムズ・ジャパン

ロシア 地方で広がる抗議運動

ロシアのプーチン大統領=6日、モスクワ(AFP時事)

流れるプーチン大統領病気説 退任後の終身特権付与へ法案

 5年に1度の下院選挙を来年に控えるロシアで、経済の低迷などを受け、国民の間に不満が広がりつつある。モスクワなど大都市では目立たないが、ハバロフスクなど地方では大規模な抗議行動が行われている。その一方で下院に、大統領経験者に対する不可侵特権を拡大する法案が提出され、プーチン大統領(68)の病気説や、次期大統領選の前倒し説に勢いを与えている。 (モスクワ支局)

 ロシア下院に5日、大統領経験者とその家族に対する不可侵特権などを大幅に拡大する法案が提出された。同法案によると、大統領は退任後に終身上院議員に就任する。拘留、逮捕、家宅捜索、尋問などは禁止され、刑事責任を負ったり、行政罰の対象となったりすることもない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。