«
»

露改憲、プーチン大統領続投へ

1日、モスクワで進む憲法改正に向けた全国投票の開票作業(AFP時事)

職場通じ「賛成」圧力か 上司が”投票チェック”の恐れも

 プーチン大統領(67)の長期続投を可能とするロシアの憲法改正案が、国民投票で8割近い賛成票を集めて承認され、4日に発効した。最低賃金の保障や年金の物価スライド制導入など、国民受けのいい改正点をアピールし国民の歓心を買う一方、国営企業や大企業などを通じて、投票内容が筒抜けになる危険性がある職場での投票を事実上強制し、賛成票を積み上げたとみられている。(モスクワ支局)

 プーチン政権は新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中で6月24日、対独戦勝75周年を祝う軍事パレードや各種式典を大々的に挙行した。「ファシストから欧州を解放した」と、ロシア人の愛国心を鼓舞するロシアで最も重要な行事の一つである。

 その高揚感が冷めやらない翌25日から7月1日までの7日間、憲法改正を問う国民投票が実施された。中央選管は3日、投票率は67・97%、賛成票は77・92%と公式発表。翌4日に改正憲法が発効した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。