«
»

ロシア、コロナ下で軍事パレード開催へ

3日、モスクワ郊外ノボオガリョボで、燃料流出問題に関するテレビ会議に臨むロシアのプーチン大統領(AFP時事)

直後に憲法改正の国民投票 支持離れに焦るプーチン大統領

 ロシアのプーチン大統領は、5月9日に実施予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け延期していた対独戦勝75周年軍事パレードを、6月24日に実施することを決定した。

 また、その後に、自身の通算5選を可能にする憲法改正を問う国民投票を実施する。支持率が下落傾向にある中、新型コロナの感染拡大下でも軍事パレードを強行し国民の愛国心を高め、憲法改正を実現する構えだ。 (モスクワ支局)

 一時は世界第2位だったロシアの新型コロナ感染者数は、ブラジルでの感染拡大を受け、世界第3位となった。6月9日時点での感染者数は49万3771人、死者数は6391人だ。プーチン氏は、感染拡大防止のために企業や学校などを休業させる「非労働期間」を5月12日に解除した。企業活動や学校などが再開し、食料品以外を販売する商業施設も動き出した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。