«
»

8月の事故でロシア、原子力ミサイル爆発を隠蔽

ビル・ガーツ氏

1年以上前に発射実験に失敗

 ロシア北部の白海で8月に起きた原子炉爆発事故は、1年以上前に発射実験失敗で海底に沈んだ原子力推進式巡航ミサイル「スカイフォール」の引き揚げ中に起きたものだった。米国務省高官が明らかにした。

 爆発事故が起きたのは8月8日で、トマス・ディナノ国務副次官補によると、スカイフォールの引き揚げ作業中に原子炉が爆発し、作業を監視していた科学者ら7人が死亡した。

 ディナノ氏は「制御不能な核反応が起き、大量の放射性物質が放出された」と指摘。爆発は、ミサイルの原子炉が海水によって冷却し切れなくなり発生したものとみられている。

 同氏はまた、「問題は、第一に偽情報、第二はミサイルが1年間にわたって海底に沈んでいたこと、第三は、ロシアの最初の反応が隠蔽(いんぺい)だったことだ」とロシアに対する不信感をあらわにした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。