«
»

再浮上するロシア・ベラルーシ連邦国家

ルカシェンコ大統領(左)とプーチン大統領

プーチン氏「終身大統領」も ルカシェンコ氏排除の臆測

 形骸化しているロシア・ベラルーシ連邦国家に新たな動きがみられる。ロシアの憲法の規定により2024年に任期が終わり再選はできないプーチン大統領が、ロシア・ベラルーシ連邦国家の元首に就任することで、事実上の終身大統領となる選択肢を得るものと見られている。 (モスクワ支局)

 ロシアとベラルーシを統合し、一つの連邦国家をつくるロシア・ベラルーシ連邦構想は、エリツィン時代に具体化した。1999年、エリツィン大統領とベラルーシのルカシェンコ大統領が「ベラルーシ・ロシア連合国家創設条約」に調印。同条約は2000年に発効した。

 ロシアにとってベラルーシは、北大西洋条約機構(NATO)と対峙(たいじ)するロシアの「緩衝地帯」である。旧東欧諸国を失ったロシアにとって、ベラルーシを自らの陣営に確実に繋(つな)ぎ留めることは、政治的・軍事的な価値がある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。