ワシントン・タイムズ・ジャパン

テロ阻止に全力のロシア、最高レベルの警戒態勢

600

ソチ五輪まで2週間

 ソチ五輪まで2週間となる中、ロシアのプーチン政権はソチを中心に最高レベルの警戒態勢を敷き、安全確保に全力を注いでいる。一方でロシア南部で12月末に起きた連続自爆テロについて、ロシア北カフカス地方の武装勢力が19日、その関与を認め、ソチ五輪を狙ったさらなる攻撃を予告するなど、緊張も高まっている。(モスクワ支局)

 2月7日のソチ冬季五輪開幕を前に、ロシアのプーチン大統領は19日、内外テレビ局などの会見で「参加者や観客らの安全を守ること々の任務であり、そのためにあらゆる手段を取る」と強調した。

 プーチン大統領は昨年12月31日、新年を迎えるにあたっての国民向け記者会見でも、「テロリストを根絶する」と宣言し、ソチ五輪に向けた治安の確保に全力を挙げる姿勢を示している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。