«
»

ウラン依存症のイラン

 ジェントルマン(紳士)らが競争するとき、彼らはゲームのルールを尊び、レフェリーの判定を受け入れる。しかし、イラン・イスラム共和国の支配者らをジェントルマンと取り違える者はいないだろう。そして、核兵器を追求する際の彼らの職人技は、半端ではない。ムラー(イスラム教徒の指導者)らがより多くのウランを注文するとき、彼らはごまかし行為が強く求められている。米国としては、イラン政権がそれで何もたくらんでいないことを証明できるまでは、放射性物質の新たな供給の承認を差し控えざるを得ない。そうしないことは、正に、愚の骨頂であろう。

 イランは、950㌧のウランが抽出される原料であるイエローケーキ(ウラン鉱粗製物)の輸入申請の更新を今にもしようとしていると言われている。米国務省は、適合性を確認する通り一遍の声明を出したが、レックス・ティラーソン国務長官は、その過程に関する彼自身の、ハードボイルドの評価をした。「(核合意は)非核国イランという目標を達成できないでいるが、それはただ核保有国になることを遅らせているだけなのである。トランプ政権はイランに関して責任を未来の政府に先送りするつもりはない」と。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。