ワシントン・タイムズ・ジャパン

シリア停戦の崩壊に着目した「サンモニ」の批判は非人道兵器まで

◆国連で米露非難合戦

 シリア停戦合意が崩壊した。このテーマを先週日曜(9・25)のTBS「サンデーモーニング」は冒頭で触れていた。9月12日から停戦に入ったシリア北部の都市アレッポの公園で遊ぶ14日時点の子供たちの様子に続き、停戦1週間後の19日には負傷し病院に運ばれた子供が「クラスター爆弾」でやられたと証言する。世界の火薬庫・中東では、これまでも繰り返し繰り返し流血の惨禍(さんか)が続いている。

 特にシリア問題は、オバマ米大統領をして「アメリカは世界の警察官ではない」(2013年)と言わしめ、国外に出た難民数は480万人を超えており、死者は9月で30万人に達した。難民は欧州に押し寄せ、英国の欧州連合(EU)離脱の一因となるなど、欧米諸国をきりきり舞いにしている。

 米露合意は、停戦が1週間続いたら過激派組織「イスラム国」(IS)やヌスラ戦線(シリア征服戦線)の掃討で軍事協力するものだった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。