«
»

オバマ氏のシリア増派に「不十分」「危険」と支持・反対両派から批判

◆出口の見えない情勢

 オバマ米大統領は4月25日、シリアでの過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いで後方支援を強化するため、最大250人の米兵を増派すると発表した。このところ、イラクでのISの劣勢が伝えられ、これを機にシリアでの攻勢を強化したい意向とみられるものの、規模が小さく「臆病で優柔不断」(ヨルダン・タイムズ紙)と指摘される一方で、増派は「危険」(米紙ニューヨーク・タイムズ)と批判されるなど、米国のシリア介入反対、支持両派から非難の声が上がっている。

 オバマ大統領は、ISについて「最も差し迫った脅威」と訴えた。発表がドイツだったのは、欧州への積極関与を促す目的もあったのだろう。海外の紛争への関与に否定的で、米兵の戦闘への直接の参加を拒否してきた大統領にとっては、思い切った転換なのだろう。しかし、出口が見えてこないシリア情勢の中で追い込まれ、選択肢が狭まっている感は否めない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。