«
»

世界で続発するイスラム・テロ、過激思想に染まる若者

800

欧州のIS参加者、1年間で倍増

 130人もの犠牲者を出したパリ同時テロから1カ月。この間米国では過激派組織「イスラム国(IS)」信奉者による銃乱射事件が、英国では傷害事件が発生した。それらと前後して、マリ、イエメン、チュニジア、エジプト、ナイジェリア、チャド、シリアなどで、ISを含むイスラム過激派による大小のテロが続発、テロを生み出す過激思想になぜ若者が集まるのかとの問いも大きくなってきた。(カイロ・鈴木眞吉)

 テロ犯の最大の共通点は、「イスラム過激思想に傾倒」していたことだ。貧困や差別は誘因の一部になり得ても、自爆や殺害を行わせる決定的動機は、人生を捧げても悔いのない高い意義や価値、報奨等を得られる確信を持たせる聖戦思想にあるとみられる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。