ワシントン・タイムズ・ジャパン

「イスラム国」封じ込めを

チャールズ・クラウトハマー

聖戦主義者との長い戦いへ

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 【ワシントン】いつまでたっても煮え切らないオバマ大統領がようやく、「イスラム国」に対する効果的な戦略を出し始めた。これは、世論に押し出されたためで、首切り動画が公表されなければ、イラクでの嫌がらせ程度の空爆にとどまっていたことだろう。今後、世論が変わってもぶれることがなければ、戦略が成功する可能性はある。

 だがそれについてオバマ氏が公式に発表することはないだろう。この戦略では、イスラム国を破壊することはできない。「封じ込めプラス」という程度だ。イラクからイスラム国を追い出し、シリアに封じ込めることはできるが、空からの攻撃だけでイスラム国は破壊できない。イラクでは、地上に支援者がいるが、シリアにはそれがいない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。