ワシントン・タイムズ・ジャパン

イスラエル、モロッコと防衛協定に署名

2020年12月22日、ラバトで、モロッコ国王モハメド6世(中央)と会談するイスラエル国家安全 保 障 会 議(NSC)のベンシャバト議長(左)やクシュナー米大統領上級顧問(左から2人目)=モロッコ王室提供(AFP時事)

軍事・情報支援が可能に

 イスラエル国防相の初めてのモロッコ公式訪問により、イスラエルとモロッコは11月24日、安全保障協力、情報共有、防衛産業、サイバーセキュリティーなどの分野で防衛協定に署名した。これにより、イスラエルはモロッコが必要とするすべてを支援することが可能となった。 (エルサレム・森田貴裕)

 イスラエルのガンツ国防相は24日、モロッコの首都ラバトでルディ国防管理担当特命相と会談し、両国間の防衛協力に向けた覚書に署名した。この署名はイスラエルとアラブ諸国間では史上初となった。ガンツ氏は「今後、両国は共同プロジェクトに取り組み、軍事産業の協力を進めることができる。両国の関係を拡大し、強化する必要がある」と述べた。また、イスラエルとの国交正常化に踏み切る国が増えることへの期待を表明した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。