ワシントン・タイムズ・ジャパン

イエメンで攻勢強めるフーシ派 米大使館職員拘束

米国によるイエメン武装組織フーシ派の「外国テロ組織」指定に抗議する人々=2月4日、サヌア(AFP時事)

支配力のアピール狙いか マーリブ州奪取へ大規模進攻

 内戦が続くイエメンの首都サヌアにある米大使館で、反政府武装組織フーシ派が侵入し、大使館職員が拘束される事件が起きた。バイデン米政権のレンダーキング・イエメン担当特使が8日にイエメンの暫定首都アデンを初めて訪問してから数日後のことだった。フーシ派は、サヌアでの政治的地位を強化しようとしている。(エルサレム・森田貴裕)

 米国務省は11日、懸命な努力によって大使館職員の大多数は解放されたが、一部がまだ拘束されていると発表。フーシ派に対し、職員の即時解放と、押収されたすべての財産の返還を求めた。

 米政府は、イエメン内戦が始まった2015年にサヌアの米大使館業務をサウジアラビアの首都リヤドに移管。閉鎖された米大使館には、現地警備職員が引き続き勤務していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。