«
»

アフガン駐留米軍 9割撤収完了

6日、アフガニスタン南部カンダハルで、自動車爆弾の爆発現場を調べる治安部隊員ら(EPA時事)

タリバン、国土の7割支配か

 アフガニスタンの首都カブール近郊にあり、約20年間駐留米軍の最大拠点となっていたバグラム空軍基地が、アフガン側に引き渡された。米軍の空爆支援は大幅に縮小され、反政府武装勢力タリバンは各地で支配地域を拡大している。アフガン政府は、国民に武装蜂起を呼び掛けタリバンに対抗する姿勢を示すが、駐留米軍などが完全撤収すればアフガン政府軍が崩壊するとの見方が強まっている。(エルサレム・森田貴裕)

 駐留米軍などの撤収に伴って猛攻を開始したタリバンは、ここ数カ月で数十カ所の地区を次々と占領し、アフガン全土34州407地区の3分の1以上を支配下に置いたとされる。北部や北東部ではここ数週間で、政府軍兵士数百人がタリバンに投降し、数千人が隣接するタジキスタンに越境逃亡した。西部バドギス州の六つの地区を占領したタリバンは6日、都市カラエナウに侵攻を開始し、アフガン政府軍との間で激しい戦闘が続いているという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。