«
»

イラク全民族・宗派による民族統合政権を 中東問題専門家アミール・ベアティ氏に聞く

400

過激派侵攻で反政府勢力が結集

 イラク出身の中東問題専門家アミール・ベアティ氏(72)は23日、国際テロ組織アルカイダ系スンニ派過激派武装組織「イラク・シリアのイスラム国」(ISIS)の軍事攻勢を受けるイラクの現状についてインタビューに応じた。欧州の中東専門家としてBBCアラブ放送、ドイチェ放送、アルジャジーラ放送などで中東情勢やテロ問題を分析してきた同氏は、シーア派とスンニ派、クルド系などイラク全民族、宗派から構成された民族統合政権を樹立して危機を乗り越えるべきだ、と主張した。(聞き手=ウィーン・小川敏、写真も)

 ――ISISが首都バグダッドに迫ってきた。ISISは軍事的に強いのか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。