«
»

イスラエル軍がガザ地上攻撃 死者130人超

13日、イスラエル軍に空爆されるパレスチナ自治区ガザ(AFP時事)

一段と情勢悪化

 イスラエル軍は14日、パレスチナ自治区ガザ地区との境界から地上部隊がイスラム根本主義組織ハマスやイスラム聖戦の軍事拠点などを標的に砲撃を開始した。(エルサレム・森田貴裕)

 イスラエル軍の地上部隊は、対戦車誘導ミサイルやロケット弾の発射台などに対し約550発の砲撃を実施。同軍は地上侵攻の可能性に向けて準備を行っているという。

 イスラエル軍は空爆も強化しており、空軍機160機がガザ地区北部で武装組織の地下トンネルや軍事拠点など150カ所を標的にミサイル450発を発射した。同軍は交戦が始まって以来、ガザ地区で750カ所以上を空爆し、ハマスが軍事施設として使用していた四つの高層ビルなどを破壊した。

 ガザでは、空爆が始まった10日以降、これまでに子供28人を含め少なくとも122人が死亡、600人が負傷した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。