«
»

イスラエル 2年間で4度目の総選挙

3月23日、イスラエル・エルサレムで投票するネタニヤフ首相(右)と夫人(イスラエル政府報道局提供)

首相派の連立協議は難航か

 2年間で4度目となるイスラエル総選挙(国会定数120)が3月23日に実施された。ネタニヤフ首相が率いる与党の右派リクードが首位に立ったものの、首相支持勢力の獲得議席は過半数を確保できていない。反対勢力も過半数を下回り、次期政権樹立に向けた連立協議は難航が予想される。連立協議がまとまらなければ、5度目の総選挙に向かう事態となる。 (エルサレム・森田貴裕)

 今回の選挙は、2020年5月に新型コロナに対処するため緊急統一政府として発足した連立政権を組むリクードのネタニヤフ氏と中道政党連合「青と白」のガンツ副首相兼国防相が予算案で合意できず、昨年12月に国会が解散したことに伴い、実施された。政策方針を問うものではなく、汚職問題で起訴されたネタニヤフ氏の首相続投か否かが争点となった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。