«
»

イスラエル 砂漠の中、奇跡の農業立国

ソレク海水淡水化プラント(地図)

水技術で世界最先端 海水淡水化・アプリで灌漑操作

 イスラエルは砂漠地帯に位置するにもかかわらず、食料自給率93%を誇る農業立国である。その秘密は、排水の再利用技術と特殊な灌漑方法にある。

 イスラエル最大の淡水源であるガリラヤ湖が、水分を汲(く)み上げすぎて2度目の危険水位まで落ち込んだ2007年から、イスラエルは本格的に排水の再利用と節水に取り組んだ。同年、低流量のトイレやシャワーヘッドが国全体に設置され、国営水道局は革新的な排水処理システムを実現した。そのシステムにより、排水の86%が再生水として使われるようになった。

 この再生水は、農業用水として水耕栽培や点滴灌漑などにも利用されている。イスラエルの農業共同体「キブツ」が開発した点滴灌漑とは、人間が受ける点滴と同じように、植物にもチューブを通して1滴ずつ効率よく水を与える栽培方法である。世界最先端の技術によって、全てコンピューター管理によるシステム化が実現した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。