«
»

ネタニヤフ・イスラエル首相がサウジ訪問 米、関係正常化を期待

11月19日、エルサレムでポンペオ米国務長官(左)との会談後、共同声明を発表するイスラエルのネタニヤフ首相(UPI)

イラン包囲網構築に前進 サウジはパレスチナ国家樹立を条件に

 イスラエルのネタニヤフ首相が11月22日、サウジアラビアを秘密裏に訪問し、ムハンマド皇太子と会談したことが明らかとなった。サウジはイランに対抗するためのトランプ米政権の外交政策の要である。対イラン包囲網構築を目指すトランプ米大統領は、イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)やバーレーンなどの国交正常化に続き、「サウジもすぐに加わるに違いない」として、イスラエルとの関係正常化に乗り出すことを期待している。イスラエルは、シリア領内に展開するイランの軍事的影響力拡大を阻止する構えだ。(エルサレム・森田貴裕)

 イスラエルのメディアは23日、当局者の話として、ネタニヤフ首相がプライベートジェット機でサウジ北西部ネオムを訪れ、ポンペオ米国務長官を交えて、ムハンマド皇太子と3者会談を行ったと報じた。UAEなどとの国交正常化で重要な役割を担った対外情報機関モサドのコーヘン長官も同行したという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。