«
»

イランで襲撃、核科学者死亡

イスラエル関与か 報復を警告

 イランの首都テヘラン近郊で27日、同国の核開発計画で中心的な役割を担ってきたとされる核科学者のモフセン・ファクリザデ氏が車で移動中に襲撃を受け、搬送先の病院で死亡した。イランのタスニム通信などが同日、報じた。

テヘラン郊外で、襲撃されたイランの核科学者ファクリザデ氏の車=27日、イラン国営テレビ提供(AFP時事)

テヘラン郊外で、襲撃されたイランの核科学者ファクリザデ氏の車=27日、イラン国営テレビ提供(AFP時事)

 報道によると、爆弾を積んだトラックがファクリザデ氏の乗っていた車の近くで爆発し、さらに他の車両が銃撃を加えたという。この襲撃により多数が死亡した。

 イランのザリフ外相は、ファクリザデ氏の殺害には「イスラエルの関与が強く疑われる」と主張した。

 最高指導者ハメネイ師の軍事顧問を務めるイラン革命防衛隊(IRGC)のデフガン司令官はツイッターで「イスラエルがトランプ米政権のうちにイランに圧力を強め、本格的な戦争を引き起こそうとしている」と非難し、襲撃者への報復を警告した。

 イランが対立するイスラエルや米国に対し、何らかの報復行動に出る可能性がある。

(エルサレム 森田貴裕)

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。