«
»

レバノン イスラエルと米仲介で境界線協議へ

東地中海に向けて航行するトルコの掘削船と軍艦=2019年7月、トルコ国防省提供(AFP時事)

天然ガスで経済危機打開

 イスラエルと敵対する隣国レバノンは1日、米国の仲介で、海上の境界線画定に向けた協議を開始することで合意した。地中海東部には天然ガス資源があり、両国は2009年以降、開発利権をめぐり対立してきた。両国間で協議が実現すれば30年ぶりの直接交渉となる。イスラエルとアラブ諸国の関係改善を後押しするトランプ米政権の外交努力が功を奏している。 (エルサレム・森田貴裕)

 イスラエルのシュタイニッツ・エネルギー相は1日、「近々、直接交渉が開始されることを楽しみにしている。両国間の排他的経済水域をめぐる論争に終止符を打つ」と述べた。

 1948年のイスラエル建国以来、イスラエルとレバノンは外交関係がなく、両国はそれぞれ、地中海の約860平方㌔を自国の排他的経済水域として主張している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。