«
»

コロナ感染第2波のイスラエル

24日、エルサレムの市場でマスクをして買い物をする市民(UPI)

首相辞任求め市民らデモ 権限強化の新法案に反発 専門家「解決策は完全封鎖」

  新型コロナウイルス感染の第2波に見舞われているイスラエルでは、政府の対応に不満を募らせる市民らがネタニヤフ首相の辞任を要求し、連日の全国的な抗議デモを行っている。内閣に広範な権限を与えるコロナ法案が23日に可決された後、デモ隊はさらに勢いを増し、民主主義の原則から大きく外れるとして反発している。(エルサレム・森田貴裕)

 エルサレムでは25日、首相公邸前のパリ広場に市民数千人が集まり抗議の声を上げた。警察は、デモ隊鎮圧のための放水車2台を出動させた。海岸沿いの都市カイザリアにあるネタニヤフ氏の私邸前にも抗議者数百人が集まった。

 イスラエルのメディアによると、ネタニヤフ氏は今月に入り、週末のみの部分的な経済活動の制限を課そうとしたものの、クネセト(イスラエル国会)のコロナウイルス委員会が、閣議決定した公共エリアに対する一連の制限に反発し、決定を覆したという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。